金閣寺近くでのカフェならISO茶房

当店について

ISO茶房は、京町家を舞台にした茶藝館。
中国茶の専門資格を持つ店主が、皆さまを奥深い中国茶の世界へとご案内します。

茶藝館とは?

茶藝館とは、中国や台湾にある中国茶の専門店。専門のスタッフが、伝統的な作法(茶藝)で店ごとのこだわりの茶葉を提供するのが一般的で、本場中国にはその茶藝技術や、茶の品質やランク分けを中国国家標準(法律)に従って公正に評価(評茶)する公的資格があるほどです。

ISO 茶房の店主はその公的資格…中国茶を淹れるプロを認定する「高級茶藝技師」と、中国茶のソムリエ資格ともいえる「高級評茶師」の資格(いずれも中国国家資格第一級)を中国にて取得。本場中国や台湾の茶藝館に劣らない美味しい中国茶をお出しするだけでなく、中国茶の教室や茶会などのイベントも開催しています。

中国茶の種類

中国茶は台湾茶も含めると、今や 2000 以上の種類があると言われています。
ISO 茶房ではその中より、製造方法の違いにより六つに分類された「緑茶」「烏龍茶(青茶)」「黄茶」「白茶」「紅茶」「黒茶」、そして「花茶及び工芸茶」から 50 種類以上をセレクト。
無農薬・有機栽培のオーガニックにこだわったものを厳選して仕入れています(※)。

メニューは季節や仕入れ状況により随時変更しているので、いつご来店いただいても新しい茶葉に出会えることでしょう。
またリストにない茶種もご要望に応じてご提供しておりますので、
中国茶のソムリエ資格ともいえる「高級評茶師」の資格を持つ店主までお声がけください。

※一部無農薬・有機栽培でないお茶もございますが、全てのお茶は残留農薬の検査を受けております。
当店のオーガニックの中国茶はヨーロッパ及びアメリカなどの有機認証機関での認証を得ております。詳しくはお問い合わせ下さい。

茶藝(中国茶を淹れる技術)について

中国茶は茶葉の外観・香り・味にそれぞれ多様性があり、中国 4000 年の歴史の中で茶葉の製造方法や茶器も大いに発展してきました。また茶文化も洗練されてきており、近年では日本の茶道や煎茶道の影響を受けつつも各個人のお茶にあったオリジナルの茶藝も推奨されています。

お茶は嗜好品ですので、これが絶対に正しいという飲み方があるわけではありません。しかし各種茶葉や茶器それぞれの状況にあった美味しい飲み方は先人より研鑽されており、現在も新しい品種の茶葉やお茶の製造方法が研究されています。当店では中国にて茶藝の最高資格である「高級茶藝技師」を取得したオーナーが、茶葉に合わせた淹れ方で一煎目をご提供。二煎目以降はお客様の淹れ方でお茶を楽しめます。ISO 茶房で、中国茶を通じてさらに奥深く美味しいお茶の世界の一端に触れていただければ幸いです。